暇人のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇人のブログ

暇な大学生が日々思ったことを不定期で更新するブログ

1日の勉強時間は30分|大学生はこうであるべきが嫌い2

どうも、ひまじんです。

 

大学生はこうであるべきが嫌いシリーズ第2弾です。

 

 

昔から大学生はあまり勉強をしません。本当に遊んでばかりです。ではどれくらい勉強時間が少ないのか。実際に調べてみました。

 

2013年に「第48回学生生活実態概要報告」のデータにより、日本の大学生の1日当たりの勉強時間が集計されました。その結果は文系が28.4分で理系は48.3分となりました。もちろんこれは授業以外の勉強時間ですが、それにしても短すぎます。

 

このように日本の大学生は本当に勉強しません。大学生はバイトと大学の往復が基本的な生活習慣でバイトがない日は友達と遊んだりします。よほど課題の提出期限が迫っていたりしない限り勉強をする時間はありません。

 

ただ理系の場合は少し事情が違い課題に加えて実験レポートがあるため文系の学生よりも勉強時間が必要になります。

 

ではほかの国の大学生はどのくらい勉強しているのでしょうか。

 

世界でトップクラスの勉強時間を誇るアメリカの大学生と日本の大学生を比較すると次のようになります。

 

大学経営政策研究センター「全国大学生調査」のデータより日本とアメリカの大学生の1週間当たりの勉強時間が集計されました。

 

日本の大学生は9.7%が0時間、57.1%が1~5時間、18.4%が6~10時間、14.8%が11時間以上勉強しています。一方、アメリカの大学生は0.3%が0時間、15.3%が1~5時間、26.0%が6~10時間、58.7%が11時間以上勉強しています。

 

 

信じられないデータですね。学生の本文は学業ではなかったのでしょうか?

 

およそ1割が全く勉強していないのです。実際に1分も勉強しなかったら本来であれば単位はとれません。期末テストのみで評価する講義で過去問を入手して直前に暗記してぎりぎり単位をとるということが可能なケースもまれにありますが、そんな講義はとるだけ無駄です。

 

僕の大学でもあまり勉強する人はいません。みんな最低限の勉強をするだけです。

 

それにしてもアメリカの大学生の勉強時間は長いですね。僕はまえアメリカの大学について調べたことがありますが、なかなかのアメリカの大学はスパルタ教育で本当に学生に厳しくて、だらけた学生は容赦なく退学させられます。簡単に大学を卒業されては大学の顔に泥を塗られると考えるんです。

 

 

ここで論点がずれないようにいいたいのは、僕は大学生はもっと勉強すべきだと思うが、大学生活を勉強だけに費やせと言っているわけではないということです。

 

必ずしもみんながみんな自分の本当にやりたい勉強をできているわけではないのでほかにやりたいことが見つかったらそれに熱中していいと思います。

 

ただ勉強がつまらないからやらない、だらだらしたいという理由で日本の大学生が勉強してないのではないかと問題提起しているのです。

 

自分が選んで今の大学に在籍しているんだから人生かけて頑張りたいことがほかにないのなら勉強をすべきです。

 

 

次回は「バイトが生きがい?大学生のバイト事情|大学生はこうであるべきが嫌い3」です。