暇人のブログ

暇人のブログ

理系大学生が日々思ったことを不定期で更新するブログ

童貞がま○こを舐めても世界は変わらない

 

 

おい、そこの童貞、お前がま○こを舐めたところで世界は何も変わんねーよ。

 

 

f:id:flappybird1834:20171119174354p:plain

 

 

 

 

どうもひまじんです。

 

 

童貞っていやですよね??

 

わかりますその気持ち。僕もそうだったので。

 

 

 

男は誰しも最初は童貞です。

 

セ○クスをして初めて童貞を卒業します。

 

今童貞の皆さんは初セ○クスの日を夢見て日々マスターベーションにいそしんでいることでしょう。

 

キスをして、服を脱がせ、乳首を十分いじってからいよいよま○こへ・・・

 

童貞の妄想はとまりません。

 

セ○クスは童貞にとっての夢であり、一つの最終目的です。なんと素晴らしいことでしょう。

 

 

 

 

さて、そんな童貞の皆さんに非童貞の僕が言いたいことがあります。

 

はい、それは冒頭で述べたアレです。

 

 

 

童貞が初セ○クスをしたくらいでは何の変化もありません。何も変わらないんです。精神的にも、身体的にも。

 

認めたくはないだろうけど、これは事実なんです。

 

 

 

ではここで突然ですが、次の問について1分間考えてみてください。

 

 

Q.「童貞」と「非童貞」の違いはなにか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終了です。

 

 

あなたの答えはきっとこうでしょう。

 

「セ○クスをしたことがないのが童貞で、したことがあるのが非童貞」

または

「童貞かそうでないかの違いはセ○クスをしたかしていないかの違いである」

 

どうでしょうか。

 

あたってますよね?

 

 

非童貞の方もこの答えだというひともいるでしょう。

 

 

ですが、僕はこの答えに

 

「童貞は女性のことを崇拝しているが、非童貞は女性を見下している」

 

をつけたします。

 

見下しているというのは言い過ぎかもしれませんが、非童貞はじっさいにそんな感じにとらえているものです。

 

つまり女性と対峙したときに精神的な余裕がある方が非童貞で、余裕がなくなってしまうのが童貞です。

 

セ○クスは恋愛の中にあるたくさんのステップの一つです。

 

それを経験しただけではあなた自身は何も変わらないんです。

 

 頑張りましょう。