暇人のブログ

暇人の日常

考え事が好き

世界一登録者数が多いユーチューバー、pewdiepieは日本大好き??

 

いま世界のユーチューバーの中で最もチャンネル登録者数が多いのは

 

[http://]

 

 

この男、pewdiepie (ピューディパイ)だ!

 

チャンネルのリンクがこちら

PewDiePie - YouTube

 

 

ちなみにアクセントはマーガリンと同じで、

   ピュー

⤴︎           ディパイ

               →

である。

 

2018年1月現在、チャンネル登録者数はなんと5900万人!

 

およそ日本の人口の半分だ!

 

いったいなぜこんなにも登録者が増えたのか?

 

今回はその秘密を探る。

 

また彼は親日家としても知られている。日本とpewdipeie にはなんらかの縁があるのかもしれない。

 

目次

 

 

 

 

 

Pewdiepieとはどんな人物?

愛称はpewds(ピューズ)、フィーリックスなど。

 

本名はフィーリックス・シェルバーグ(Felix Kjellberg)

 

※kは発音しない(kを発音して読むと本人は嫌そうな顔をしてすぐに訂正する、実際にユーチューバー仲間のエマ・ブラケリーがクシェルバーグのように発音したことがある)

 

厳密にはシェルバークのところは非常に発音が難しく、交際相手のマルツィアでさえ、正確に発音できておらず、間違いを指摘されるシーンが動画で見受けられる。

 

自身の性格を人見知りだ認識しており、

街中で見かけても声をかけないでほしいと言っている。

 

ピューディパイの由来はゲームの効果音のピューピューという音から。

 

1989年10月24日生まれの28歳

スウェーデンの裕福な家庭で育つ、両親ともにエリート。

 

数学が得意だが、好きな科目ではない。

 

スウェーデンで最高学府の大学に合格するも、一ヶ月で中退してしまう。

経緯は、まず入学当初、一週間大学を休んでしまったために、友達ができなかった。というか、周りがすでにグループができており、仲間に入れなかった。そして、一人で講義を受けるもまったく面白くなかったため、中退した。

 

その後、大学の目の前のホットドッグ屋でバイトをする。しかし、そこで大学の顔見知りの学生に「えっ?お前ここでなにしてんの?」と言われてしまったり、知り合いの教授が来店した際に、ピューディパイが挨拶をしたら無視されたりと散々な目にあう。

 

そんなとき、かねてよりやっていたユーチューブでの活動が軌道に乗り、ホットドッグ屋をやめる。これはボスに電話で直接伝えたという。

 

またユーチューブのおかげで、現在の交際相手であるマルツィアmarzia と出会う。

マルツィアは内気な性格で友達が少なかったが。唯一の親友がピューディパイのチャンネルが好きだったことがあり、マルツィアに「こいつバカ(ピューディパイのこと)で面白いよ!」と紹介する。

 

Pewdiepie の人気の秘訣

ゲームの実況プレイで人気を博した彼だが、チャンネル開設当初は登録者数が伸びず、悩んでいた。あるとき、嫌いなホラーゲームをやってみたところ彼のリアクションの良さが発揮され、たちまち人気になった。

 

またさまざまな企画があり、friday with pewdiepie や5 wierd things 、YLYL(you laugh, ypu lose) などがあり、バラエティに富んでいる。ただ、数年前からファンからネタ切れだと批判されており、彼ら曰く、YLYLなどの企画に頼りすぎているとのこと。

 

時事ネタを扱った動画では、彼なりの観点で社会問題やユーチューブ関連の話題について言及しており、知性の高さをうかがわせる。

 

彼の動画のスタイルは視聴者を煽るような表現が多く、黒人が使うような過激な言葉(Fワードはほぼ毎回)を使う。極端な発言のせいか、ファンによっては「まるでユーチューブ界のドナルド・トランプだ」と例えられる。

 

動画編集の技術が高く、インターネットミームのレビューをするときはしばしば誤ったbgmを自ら編集し直したりする。

 

彼の最大の持ち味はフォトショップの技術で、ユーチューブを始めたばかりの時は、フォトショップで作成した作品でお小遣いを稼いでいた。

 

日本好きになった理由

日本のアニメをこよなく愛しており、美少女系アニメのゲームの動画をたくさん出している。ただしこれはおふざけのノリで、マルツィアにバレないようにこっそりやっている設定。

 

またBLAME!(ブラム)に関しては芸術だと評しており、この作品の素晴らしさを開設した動画があるほど。

 

何度か来日しており、その様子をビデオログ形式の動画で配信している。友達のユーチューバー(KickThePJ)とダブルデートで来日したとこがある。

 

日本の酒が好きで、スウェーデンの酒と飲み比べをしたことがある。

 

日本語をマルツィアと一緒に週に一回のペースで勉強しているため、簡単な日本語を話すことができる。

 

ちなみにマルツィアは日本のぐでたまが大好き。

 

Pewdiepie の交友関係

主にコラボするのは親友である次の二人。

 

jacksepticeye(ジャックセプティックアイ)

Best Of Jacksepticeye #4 - YouTube

jacksepticeye - YouTube

 

markiplier(マーカプライヤー)

Mario Maker Funny Moments Compilation - YouTube

Markiplier - YouTube

 

この二人はピューディパイ同様にゲームチャンネルですでに大成功している。

 

また動画のスタイルは異なるがプライベートで仲がいいキックザPJ(KickThePJ)もたまに動画に登場する。

WELCOME! - YouTube

KickThePj - YouTube

 

ほかにはエマ・ブラケリーもいくつかの動画でコラボしている。

Emma Blackery - Nothing Without You (Official Video) - YouTube

emmablackery - YouTube

 

また、ローガンポール、ジェイクポールのポール兄弟とはお互いに批判しあう関係である。

https://www.youtube.com/channel/UCG8rbF3g2AMX70yOd8vqIZg