暇人のブログ

暇人の日常

考え事が好き

ブロガーに内向的な人が多いのはなんで?あと陽キャブロガーっているの?

 

今までいろんなブログを見てきた。

 

面白いブログは必ずプロフィールを見る。

 

するといつも「あっ、やっぱりそうか」ってなる。

 

プロフィールからその人の内向的な雰囲気を察したからだ。

 

 なぜか内向的な者同士というのは多くを語らなくとも仲間を嗅ぎ分けられる。

 

だが中には自分を偽って、ほかの陰キャにバレないように装っている者もいる。

 

f:id:flappybird1834:20180114011048p:image

 

写真がやけにイカツイ人の正体

例えばプロフィールの写真がやけにイカツイ人だ。これはめちゃくちゃ稼いでいる人とかに多い。

 

只者ではないだろうと身構えてブログを探検していると、そのうち動画をみつける。

 

その人の肉声がわかる動画だ。場合によってはカメラに向かって話したりする。

 

それを見ると、

 

 

 

あれ?写真の雰囲気と違うじゃん!めっちゃナヨナヨしてんじゃん!

 

というお約束の展開待っているから面白い。

 

人ってどこかでカッコつけたくなっちゃうもんなんだなーと思いながら、その人がやっぱり僕と同類だったという事実を確認する。

 

ほんとはみんなどこかで陽キャみたいに自分の感情を表に出したい!って思ってるのだ。(そんなに無理すんなって笑)

 

学生時代にはっちゃけられなかった代償は大きい。

 

なぜブロガーは内向的な人が多いのか?

 

たまにヒッチハイクをしている人のブログとかをみると、眩しすぎて、目が痛くなる。

 

眩しい?いや、ポジティブすぎてか、、笑

 

 

 

でもよくよく読んで見ると、

 

なんか文章短くね?(長かったとしても)内容薄すぎでしょ!

 

って思ってしまう。

 

我々内向的な人は心の中であれこれ考えているうちに、長い文章を組み立てることが上手になっていくのかもしれない。

 

別に文章が長いから偉いってわけではないけど、、、

 

まあSEOのことを考えたら、文章長い方が絶対に、絶対にいい!いいに決まってる!

 

はい、勝利!俺の勝ち!

 

 

 

 

ブログは試行錯誤しながら作っていくものだ。集中力、忍耐力、文章能力に長けていなければできない。

 

陽キャ(何不自由なく生きてきた温室育ちの金持ちボンボン)なんかがこんな高度なことができるものか。

 

英語圏の同志たちの主張

英語では内向的な人のことをintroverts という。shyとは違う。

 

この人たちは、他人と一緒にいる間にどんどんエネルギーを消費してしまう。だから極力一人でいようとする。

 

なんとなくガイジンって社交的でみんなヘーイ!ってやってそうに見えるけど、

quoraで調べたところ、全体の50%がintrovertsらしい。

 

ほんとかよ?いやいや、、

 

 

 その他には

歴史上の偉人とか、ビジネスの成功者とかは変わり者が多い。

 

この人たちの中の40%がintrovertsだ、という研究結果もあるそうで。

 

なんや!世の中陰キャばっかやんけ!

 

時代が私たちに追いついてきた。

 

内向的な人間の方が優れているということにやっとみんな気づいたのだ。

 

あと最後に、introvertsはこうも言っているらしい

 

「本当はintrovertsの方がextrovertsよりも頭がいいんだ!俺らの方が知識が豊富で優れてるんだぜ!」

 

あー、はい。(自分たちに都合のいいようにいっているだけじゃ...)

 

 

っということで、なんかブロガーは賢い人種らしいので、みんなもっと写真でかっこつけていこう!